« エンコードのお話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に »

2009年1月24日 (土)

【PLANEX】PCモニタ LCD-7CX

Lcd7cx

【製品情報】

2007年10月発売

7.1インチXGA(1024×768)液晶モニタ

推定相場価格 30,000円

 

【スコア】

デザイン 4/10

サイズ 10/10

液晶性能 7/10

調節機能 7/10

入出力端子 5/10

内蔵スピーカー 6/10

発熱・静穏性 9/10

コストパフォーマンス 6/10

満足度 17/20

 

総合 71/100 B

 

【コメント】

デザイン

ぱっと見は安っぽい印象だが、造りは意外としっかりしている。裏面もほぼまっ平らとやはりデザイン性は感じにくいものの、こうしたコンパクト液晶モニタの使用用途には適しているため、実用性を重視したのだろう。“デザイン性がない”というより“シンプルさを追求したデザイン”という表現の方が適切かもしれない。

サイズ

このモニタの特徴は、なんと言っても1024×768というHDに迫る解像度を持ちながら7.1インチというサイズを実現している点にある。この条件を満たしているモニタは自分の知っている限りこの製品しか存在しなく、コンパクト液晶としては群を抜いている印象が強い。

液晶性能

まずは視野角が極端に狭く、ノングレアでないため映り込みも著しい。自分の場合はこれに加えてドット抜けも2桁に迫る勢いで存在したが、まあこれは個体差があると思うので評価対象とはしていない。他に応答性能もスペック上はあまり芳しくないが、サイズも相まってかこれに関してはスペックほどの影響は感じず、残像感は他の液晶と大差ないように思えた。

上記のデメリットが目立つものの、当然それだけメリットもある。とはいっても前述したサイズ&解像度の希少性がその大半を占めるのだが、やはり他に選択肢がないだけにこれはかなり大きいと言わざるを得ない。それに加えて発色や明るさも基本水準にはあり、サイズを考えれば十分と言えるだろう。

調節機能

一応最低限の設定は可能なOSDが搭載されているため、画面位置やコントラスト、明るさ、色温度、RGBといった一通りの調節はPCを介さずとも行える。これもこだわらなければ十分といえるレベルにはあるが、明るさをちょっと上げすぎると画面自体が見えにくくなってしまうのは残念だった。

入出力端子

一応映像入力としてはVGAに加えてRCAも搭載されているが、ぶっちゃけこの解像度を生かせるのはVGAだけということになるため、RCAはほとんどおまけのようなもの。まあ画質にこだわらなければゲーム等も出来るので、ないよりはいいのだろう。ただ自分の場合、あえてこのモニタでゲームをするときはPCに取り付けたPV4を使うようにしている。またこのモニタはスピーカーも内蔵しているため、ステレオミニジャック入力およびヘッドホン出力も備えている。

内蔵スピーカー

ひとつしか内蔵されていないためにステレオであっても合成モノラル化されてしうが、ここは素直にこのサイズを実現した上でスピーカーも内蔵してくれたことを褒めたい。用途を考えればこれでも特に問題がない場合が多く、音質においても音量upに伴う音割れ等もなく特別ひどいわけではない。ただやはり鑑賞等に耐えうるかと言われれば厳しいものがあるので、その場合は別途スピーカーを用意するかヘッドホンの使用をオススメする。

発熱・静穏性

これは非常に評価できる。近くで聞いても特に熱かったり変な音がしたりすることもなく、なんなら手に持ってポータブル感覚での使用も可能(いや、しないけどさ)。

コストパフォーマンス

単純に値段を考えれば今なら24インチのフルHDモニタが買えてしまう金額のため、あくまでニーズに合えばの話だが、それを考えれば散々述べてきた通り、この「7.1インチXGA液晶モニタが買える」というだけでも十分評価できる。なにせこれが発売する前は自作するしかなかったのだから、それを考えれば高すぎるということもないだろう。

 

…まあ本音を言うともう少し安く出来なかったのかとは思うが。

 

 

 

|

« エンコードのお話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に »

Bランク」カテゴリの記事

PC関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154523/27429169

この記事へのトラックバック一覧です: 【PLANEX】PCモニタ LCD-7CX:

« エンコードのお話 | トップページ | ひぐらしのなく頃に »