« 【ONKYO】AVアンプ TX-SA608(ブラック) | トップページ | 【オーム電機】ガラスシェード フロアースタンド(04-2910 LS-up-D アッパースタンド) »

2010年8月17日 (火)

【ZEPEAL】サーキュレーター DKS-20

 

 前置き 

ありえないほどのこの暑さ。エアコンはほぼ1日中つけっぱなしという状態で、電気代がここ数年で最高潮に。しかも冷え性で常に腹の調子も不安定というおまけつき。

さすがにこれはヤバイと思い、ランニングコストより目先の出費で4年間購入をためらっていた扇風機…ではなく、サーキュレーターを購入することにした。

 

 インプレ 

Dscf4765

購入したのはゼピールとか言う名も知らぬメーカーのサーキュレーター。購入の決め手はAmazon.co.jpの高評価と1,980円という価格だったが、価格.comには登録すらされていないというなんとも微妙な存在。化粧箱も昨今のサーキュレーターと比べて明らかな昔臭さを放っており、おそらくAmazonがなかったら見向きもされずに消えていたと思う。

Dscf4775

早速開梱。梱包は意外としっかりしていたが、本体を覆っていたビニールが巧みに結ばれているのにはちょっと驚いた。テープ代すら惜しかったのだろうか。

Dscf4788

正面から。写真だとちょっと大きく見えるかもしれないが、実際はかなりのお手頃サイズ。イメージとしてはバスケットボールの大きさに近い。

Dscf4806

首振りなしのシンプル構造だが、傾きは真正面~ほぼ真上にまで手動調節可能。角度はカチッと固定される部位が4ヶ所で計5パターンだが、別に固定位置でなくともある程度状態は維持してくれる。

Dscf4790

背面。こちらからみると球体のような感じで、ミニサイズということもあってか意外とメカメカしさがない。真ん中にあるのが風量調節ダイアルで、その上の空洞が取っ手部分。

Dscf4801

調節ダイアルズーム。造りはシンプルでカチッカチッと回していくだけ。つまみは大きく適度な凹凸があるため、特段回しにくいということはない。

Dscf4817

正面中央のメーカーロゴズーム。ここだけ軽めの光沢処理がなされており、全体がマットなプラスチックだけに良いアクセントになっている。全体的にみると、製品画像で抱いていたイメージよりは安っぽくない印象。

Dscf4827

最後にちょっとひっくり返してみたの図。面倒だったのか底面だけマット加工されておらず、4隅に滑り止めゴムが貼りつけてある。下中央部の穴は壁がけ用。

 

 総評 

47251265935295_r_3導入をためらっていた理由にインテリア的な問題もあったため最初はタワー型扇風機を中心に調べていたたが、それでもあまりしっくりくるものがない。かと言って手軽すぎるUSBファンだとどうしても実用性に乏しい。そんな中目に止まったのがサーキュレーターだった。

前評判通りサーキュレーターにしては静音な部類で、“弱”でクーラー併用ならほとんど気にならず、“中”だとつけていることを意識してしまうが、これも雑音でテレビの音が(ryといったこともなく実用レベルであった。ただ“強”はさすがに「これぞサーキュレーター」といった音で、よほど広い部屋でなければ使うこともないだろう。軸音や個体振動はほとんどせず、純粋に風量に即した低周波の風切り音のみといった感じ(ただ正面から上に傾けると少し軸音がしたが、まあ気にあるほどではない)。

Dscf4919

設置場所はクーラーの向かい側の床直起きで、クーラーの出所に当たるように向きを調節した。真上にもしてみたがこれはあまり効果が感じられず、とりあえず真上は暖房使用時にまたやってみたいと思う。

Ex

で、結果得られた空気の循環イメージはこんな感じ↑。“弱”を常用しているがそれでも結構な風量があるため、特段寒くなりがちであったクーラー付近や床付近の冷気が上手く拡散され、今まであまり冷気が行き渡らなかった部屋の隅も涼しくなった。部屋全体になんとなく風が吹いているようにも感じられ、29℃を超えると暑くてイライラしていた自分が今では30℃でも問題ないほど(クーラーの設定は今まで+2℃)。腹の冷えもなくなってサーキュレーターの有用性を実感している。

またこのサイズならではの手軽さも予想以上に活きている。片手でひょいと持ち上げられ、格子も成人男性ならまず指が入ることもないので電源を入れたままでも気楽に移動でき、使わない時や存在を隠したい時にはさっと物陰に潜ませることも。背の低さも扇風機では不可能な下からの風を可能としており、布団やローソファユーザーの自分には嬉しいところ。

扇風機の代替にも、ということでライトユーザー層向けに首振りやリモコンを搭載したモデルも出てきているが、あくまでサーキュレーターとしての基本性能一本に絞った上で余計な静音を抑え、安価を実現している点においては理にかなった製品だと思う。「扇風機は欲しいが邪魔臭い、かといってサーキュレーターというのも…」とためらっている人も1,980円ならお試し感覚で買える金額だと思うので、気になっているのなら一度手に取ってみてはいかがだろうか。

 

   

|

« 【ONKYO】AVアンプ TX-SA608(ブラック) | トップページ | 【オーム電機】ガラスシェード フロアースタンド(04-2910 LS-up-D アッパースタンド) »

Bランク」カテゴリの記事

家電・AV機器」カテゴリの記事

コメント

良レビューです。
参考になりました。
有難うございました。

個人的には黒い色が気になっているのですが、
白は品薄みたいですね。

投稿: ペンギン | 2011年6月 6日 (月) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154523/36205082

この記事へのトラックバック一覧です: 【ZEPEAL】サーキュレーター DKS-20:

« 【ONKYO】AVアンプ TX-SA608(ブラック) | トップページ | 【オーム電機】ガラスシェード フロアースタンド(04-2910 LS-up-D アッパースタンド) »