« 【スナック菓子】ラー油味のカラムーチョ&カールと抹茶味のパンdeショコラ 新商品3連レビュー | トップページ | 【Microsoft】薄型Xbox360本体 4GB ~旧型比較~ »

2010年9月12日 (日)

【Microsoft】薄型Xbox360本体 4GB ~インプレッション~

 

 前置き 

Xbox5515

【SONY】薄型PS3 CECH-2100A ~80GBホワイトモデル(CECHL00 CW)との比較レビュー~」で予告した通りXbox360も薄型4GBモデルに買い換え、ようやく昨日届いた。ちなみにAmazonだが、予約にもかかわらず発売日2日後到着というのはさすがといったところか。

まあそれは覚悟の上で価格18,724円に飛びついたので文句は言えないのだが。

 

 インプレッション 

Xbox5525

早速開梱。この独特な開け方は旧型からの伝統だが、今回は緩衝材が紙から黒いスポンジに変わっておりなんとなく高級感。旧型ならこのスポンジを本体の下に置いて簡易インシュレーターにでもしていたかもしれない。

Xbox5537

本体縦横ver。さすがに旧型と比べるとかなりスタイリッシュな印象で、先行販売されている250GB版との見た目上の違いはマットな非光沢という点のみ。正直テカテカが好みではなかったためこちらを選んだのだが、まずは予想通りの質感で一安心。PS3のようにザラつき加工等はなくあくまで普通のマット表面だが、真っ黒というよりはどこかしっとりとした黒といった感じ。

Xbox5551

電源ボタン。旧型(エリート)とのカラー的な一番の違いはここだろうか。写真ではなぜかパールホワイトっぽく写っているが、実際は普通のメタリックシルバー。電源投入時中央が緑に光るのは同様だが、旧型のように電源マークが浮き出るわけではなく、新型ではマークの○内すべてが光る(電源投入時は電源マークだと判別不可能状態)。

Xbox5559

こちらはエジェクトボタン。上記電源ボタンもそうだが共にタッチセンサーとなっており、触れると「ピン」「ピコン」という効果音と共に動作する。反応はいいし動作したことがわかりやすくはあるが、個人的に効果音はいらなかったようにも思う。

Xbox5604

横置き時の天板と底面部。ちなみに上画像が天板で、ここにやや大きめのファンが、両サイドに通気口があるが、底面には何もない。ただしどちらの面にもしっかりとロゴ&デザインの凹みはあり、縦置き時のデザイン性は考慮されている。

Xbox5594

天板部とサイドの通気口アップ。旧型ではポツポツと穴が開いていただけだったのに対し、新型では面の大きな格子状。これだけを見ると冷却性を取り静音性を捨てたようにも思えるが、実際使ってみるとその2つを見事に両立させているのがわかる。またサイドの素材のみ光沢処理がなされアクセントになっている(上記下画像)。

Xbox5620

パッと見では見えないHDD取り出し口と前面USB端子。HDDは旧型のやけにかさばる独自仕様が改善され普通サイズに近くなったが、それでもやや大きく汎用HDDは依然×。蓋がある分付け替えの手間は増えそうだが、蓋は旧型よりかなり簡単に取れるので意外と楽だったり。USBの方は旧型から配置換えされ90°回転。横置きメインとしてはありがたい。横にあるボタンはコントローラー認証ボタン。

Xbox5582

最後に背面。旧型と比べると驚くほど端子類が増えており、主な変更点は光端子の独立にUSB端子の増加、Kinect専用端子の追加。電源部も一般的なメガネプラグに変わっており、省電力化の跡が伺える。

 

 総評 

23461265935268_r_2まず気になっていた旧型のD端子ケーブルとリモコンの流用だが、共に問題なく使うことが出来た。静音性は250GBの方で絶賛されていたため驚きはそれほどでもなかったが、確かに騒音量は旧型より激減している。さすがにディスクを回転させればドライブ音は普通にするものの、ディスク非回転時ならPS3に近いレベルにまで達しており、そのドライブ音も旧型に比べればかなり静か。ちょうど旧型ディスク非回転時の動作音くらいだと思っておけばいいだろう。初代廉価機がとりわけうるさい上にディスクに傷がつくおまけ付きで「地雷のコアシステム(サムスンドライブ)」と呼ばれ、日立ドライブやらBenQドライブやらチェックしていた頃が懐かしい。

コスパ重視なら250GBの方がいいと思うが、デザインの賛否は人それぞれ。自分は同様にマットブラックな薄型PS3と対にして置いているため、インテリア的なバランスも考慮してこちらを選んだが、その点ではメインがマットでアクセントに一部光沢という点も似通っており、満足している。逆に光沢のある家電周りに配置するならプラスチッキーなチープさが際立つ可能性もあるため、商品単独でなく、周囲の環境も考慮した方がいいように思う。

ともあれ、アップデートにより汎用USBメモリも通常の記録デバイス(ゲームインストールやセーブデータが保存可能)として使えるようになった今、この廉価版でもより多くのことが手軽に楽しめるようになり純粋に入門機としての魅力も高い。「気になっているXbox360独占タイトルはあるけどPS3持ってるし…」「そんなにゲームやらないけどHDTV買ったからちょっとやってみたい」というユーザーにはぴったりの製品だろう。

なおPS3ではあまりに今更だったので「【SONY】薄型PS3 CECH-2100A ~80GBホワイトモデル(CECHL00 CW)との比較レビュー~」で比較とインプレを一緒くたにしてレビューしてしまったが、今回はこの「インプレレビュー」の他、別に「Xbox360新旧比較レビュー」(※記載済み、リンクから記事へ)と「薄型PS3(CECH-2100A)-薄型Xbox360(4GB)比較レビュー」(※記載済み、リンクから記事へ)もする予定。そちらはもう少しお待ち下さいな。

…まあ待ってる人もいないだろうけど(ボソッ

 

Xbox5681

Ps3hikaku

 

 

   

   

|

« 【スナック菓子】ラー油味のカラムーチョ&カールと抹茶味のパンdeショコラ 新商品3連レビュー | トップページ | 【Microsoft】薄型Xbox360本体 4GB ~旧型比較~ »

Aランク」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154523/36688620

この記事へのトラックバック一覧です: 【Microsoft】薄型Xbox360本体 4GB ~インプレッション~:

« 【スナック菓子】ラー油味のカラムーチョ&カールと抹茶味のパンdeショコラ 新商品3連レビュー | トップページ | 【Microsoft】薄型Xbox360本体 4GB ~旧型比較~ »