« VFRなmp4を綺麗かつ手軽に再エンコしてみる思索 | トップページ

2010年11月27日 (土)

【Panasonic】アバター 3D by VIERA TH-P50VT2

 

 前置き 

795937_m

【Panasonic】プラズマテレビ 3D VIERA TH-P50VT2の購入者プレゼントとしてアバターの3D版Blu-ray Discが届き、早速視聴したので雑感でも書いてみようと思う。

再生機器はPS3で、モニタは当然TH-P50VT2。視聴環境は深夜の照明なしにて。

 

 画質設定 

感想――の前に、どうやらジェームズ・キャメロン推奨設定なるものが入っているとの情報あり。ただ自分含めなぜか入っていない人もいるようなので、カカクコムで晒された設定を下記に記載しておく。メガネを通し暗くなる3D視聴時の画質設定はかなり難しいので、他の3Dブルーレイ視聴時においても参考になるのではないだろうか。

・画質の調整
映像メニュー:ユーザー
ピクチャー:28
黒レベル:0
色温度:低
カラーリマスター:オフ

・テクニカル
ガンマ補正:2.6

(2010.11.29追記)

画像も見つけたので。こちらを見た方がいいかもしれない。

798891_m

 

 仕様 

Dscf6146

BDの仕様は3D対応以外DVDとセット販売されている既存BD版と変わらず、時間も162分で通常サイズ。SONYの購入者プレゼントである3D版アリス・イン・ワンダーランドは2D視聴不可など制約があるようだが、こちらは2Dでの視聴も出来る。

音声はよくある英語のみDTS-HDで、日本語吹替だとDTSになってしまうのがやや残念ではあるが、PS3は現状3Dブルーレイのロスレス音声の場合コア部分しかデコードできないため自分の環境ではあまり関係はなかった。

 

 3D評価 

機会がなく映画上映は観ていなかったので比較は出来ないが、紙芝居のような感じもなくかなり自然な立体視が出来ていた。よく言われている通りの奥行き重視の3Dで、立体感だけなら上映したものとさほど違いはないのではないだろうか。

一方、3Dテレビ特有の問題としてはクロストークがやや目立ち気味だった。場面によって出る、出ないがあり、その度合も一貫はしていなかったが、輪郭部などの一部を意図的に注視し続けるとそれなりに気にはなる。ただ大画面ということもあり、作品全体に没頭している間はさほど気にならず、弊害より断然立体視のインパクトの方が際立っていた。

Dscf6149

またもう一つ気になったのが、暗いシーンの服部などで細かく波打ったような格子?のようなものが時々見られた点。これは原因がよくわからず、気にならない場面の方が多かったが、気になる場面はかなり気になった。上の画像がそうだが、こうしてみると格子というよりザラつきに近いため、もしかしたらH.264の暗部ノイズ&圧縮ノイズが3D表示と変な感じでシンクロしたのかもしれない。

3DコンテンツはPS3ゲームのWipEoutHD、そしてネットに繋ぐことで観れる数本のお試し動画以来だが、これにより(若干の上記弊害はあるものの)3D効果への期待は更に高まった。紙芝居云々はやはりコンテンツ次第だという確信が持てたし、今後アリス・イン・ワンダーランドからバイオハザード、SAW、バトル・ロワイアルと気になる3Dブルーレイの発売が控えているので、積極的に買っていきたいと思う。

 

 作品評価 

Avatar

今更なので軽く触れる程度にしておくが、一応アバター自体の感想も。

前述した通りこれが初見だったが、2時間半超の大作だけあって普通に楽しめた。1時間半程度の映画でも眠気と戦う機会が多い自分だが、文字通り時間を忘れ最後まで観きってしまったのには正直驚いている。

内容を見る前はあまりよろしくない印象の登場人物といった感じだったが、いやいやどうして、内容を踏まえて観るとそれなりにカッコイイ、カワイイとさえ思えるようになっていた。SFチックかと思わせつつどこか原始的で神秘的な、それでいて近未来的な要素も含んだ不思議な作品ではあるが、身近でオーソドックスな恋愛、バトルといった要素もきちんと盛り込むことで感情移入をしやすくし、結果作品への没入感を高めていたように感じる。

 

 最後に 

以上がアバター 3D+TH-P50VT2のひと通りの雑感。3Dもアバター自体も期待以上に良く出来ており、概ね満足している。エコポイント半減と値上げ傾向でVT2を買うにはいささか時期が悪いが、それでもまだ最安26万円台(2010/11/27時点)。VT2のパフォーマンスを考えれば十分安い。

来年2011年3月31日までこのアバターに加え、石川遼オリジナルコンテンツ、アイス・エイジ3の3Dブルーレイがもらえるキャンペーンはやっているので、興味がある人はそれまでじっくり考えるといいだろう。すべてが未発売の上これだけで1万円は超えるものなので、3D入門機としてお得感は高い。

 

2

 

 

   

|

« VFRなmp4を綺麗かつ手軽に再エンコしてみる思索 | トップページ

その他」カテゴリの記事

家電・AV機器」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154523/37866935

この記事へのトラックバック一覧です: 【Panasonic】アバター 3D by VIERA TH-P50VT2:

« VFRなmp4を綺麗かつ手軽に再エンコしてみる思索 | トップページ